flatcoco
  • Author:flatcoco
  • 2004年1月17日
    フラットコーデット・レドリバーの女の子の「ココ」
    ココは2016年9月2日に虹の橋を渡りました
    2013年7月24日
    レバーフラットの女の子「キキ」
    河口湖地方に在住
  • RSS
フラット・ココ&キキの日記
フラットコーデット・レトリバーの女の子 「ココ&キキ」の日記
 カウンター


記事カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

<


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリー


 フリーエリア


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬がボール(異物)を飲んだ時に飼い主の対応は?
今回のキキの事件?を記録として残すためにブログに書いておくことにしました
ボール大好きなフラットコーデット・レトリバーを飼われている飼い主の参考になればと書き残します



P1020788.jpg
真中の5cmのゴムボールが出てきたボールです。古くてボロボロでしたので吐いて出てくると思っていたのです



15日の土曜日の夕方、直径5cmの古い、柔らかいゴムボールを飲んでしまいました
ゴム製のボールを飲んでしまう事件は、他の飼い主さんからも良く聞くことで、2、3日、1週間、1ヶ月後には出てきたよと聞いていたので、この時はあまり深刻に考えていませんでした。
この時に病院が開いていたら、すぐに病院に行っていたと思いますが、土曜日に開いている動物病院は近所にはなく、自宅での対応となりました

インターネット、友人から異物を飲んだ時の対応策として
1、塩水を飲ませて吐かせる
2、オキシドールを飲ませて吐かせる

この二つの方法から、塩水を飲ませてみましたが、キキは吐こうとするのですが、ボールを吐くことはありませんでした
次にオキシドールを薬局から買ってきましたが、なんとなくかわいそうな気がして、使いませんでした(この対応は正しかったのか?)
15日はこのまま夕食を与えて、様子を見ることにしました

16日のAM4:00頃、空になった胃が異物を感じたのか、キキは胃液のみを吐きましたがボールは出てきませんでした
病院も休みだし、その内、吐いて出てくるだろうと、私はあまり心配していませんでした。
朝の散歩でもいつも通りの元気さ、オシッコも、ウンチもしました
夕方の散歩もいつも通り、夕食もいつも通り食べて、元気なキキでした

17日も早朝にキキは再び胃液のみを吐き、2日続いてのリバースに少し心配になってきましたが、この時点でもそのうち出てくるだろうと思っていました。
朝食を普通に食べさせてから、今日は病院も開いているから、キキを見てもらおうかと思い始めました
病院でボールを吐かせてもらえば良いかと考えて、病院に行くことにしました
病院でキキがボールを飲んだと話すと、先生の様子が変わり、緊急に対応しなければいけない事態とのこと、
この時点で初めて、ボールを飲んだワンコには緊急に対応しないと命にかかわる事態と認識しました
胃の中のボールが腸に入ったら腸閉塞を起こして死に至る事態となることは知っていましたが、まさかキキに限ってはそんなことは起こらないだろうと考えていた私です

病院での処置
病院で吐くための薬を点滴で入れましたが、キキは吐きませんでした。
この時点で病院側は緊急手術体制に入り、受付は閉鎖、キキへの開腹手術体制に入る事となりました
先生の説明を聞きながら、私としては内視鏡でのボールの取り出しも試みて欲しいと先生に懇願して受け入れていただきました
朝ご飯を食べているキキの胃の中は泥沼状態でボールが見つからないかもしれない、見つけても取れない事があるとの説明でしたが、麻酔が効いて、キキのお腹の毛を剃っている時間を利用して内視鏡での取り出しを試みるとの事でした
結果は内視鏡でボールは見つかったのですがが、噴門部が小さくボールを掴んで、胃から取り出し事はできなかったと言う事です
小柄なキキの食道は細かったのでした。
そこで、開腹手術に切り替え、やっとボールを取り出す事に成功したという事です。
抜糸まで1週間の入院となりました
手術代、入院、お薬代の合計は20万円後半となり、ペット保険に入っていて本当に良かったと思った瞬間です

反省点
口に入れたボールを取りに行った時にワンコは必死に防ごうとして、結果として飲んでしまいました
このような時にどのように対応すれば良かったのか、未だに良い考え、方法がわかりません

ゴムボールを飲んだ時は、出てくるのを1ヶ月でも待てる余裕がないなら、休日でも診察している病院を探して連れて行く
我が家の対応の問題点をコメントしていただけましたら、このブログを書いた意味が少しはあるかと考えます
みなさんの意見をコメントにてお待ちしております


P1020786.jpg
傷は10cm位ですがもうすっかり付いています





P1020782.jpg
今日のお昼にはリラックスして、へそ天で寝ています


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
                    

キキちゃん、大変でしたね。
わが家もmomoが二度も誤飲、最初はドッグランで使い古した布製の円盤を拾ってきてクチャクチャやっているのを吐き出さそうとしたところ逃げ回って、飲み込んでしまいました。
この時はドッグランの近所の馬の獣医さんのアドバイスで塩水を飲ませても吐き出さず、その日は食事を与えず様子を見ていましたが、明け方に吐き出しました。
二度目は水に浮く硬質ゴム製の円盤で、引っ張り合いをして裂け目が出来ている古いのを、クチャクチャと噛んでいて、TAROHがそれを奪おうと追い掛けているうちに飲み込んでしまいました。
この時はかかりつけの病院で吐き戻し処置を受けましたが吐き戻さず、体温低下が見られたので開腹手術で取り出しましたが、入院はふた晩でした。
それ以来、柔らかい玩具、古くなったり壊れたものでは遊ばせないようにしています。
この子達に、反射的に飲み込んでしまいますので、多頭飼いは玩具の取り合いは極力させないことと、何時でももっと興味を示すものを用意しているといいと思いますよ。
いずれにしても、誤飲したときは病院に駆け込むことですね。
【2015/08/25 21:48】 URL | shio-chan #- [ 編集]

                       
                    
shio-chanさん、油断していました
遊びに来ていたトイプードルの小さなボールを取ってしまい逃げたそうです
丁度その時私がいなくて、取り上げようとした時に飲み込んだそうです
この病院の先生は本当に慎重で、1週間の入院となってしまいました
我が家に有るオモチャは、みんな大きくて、油断していました
これからは誤飲した時の対応は即、病院位行くことにします
【2015/08/26 06:03】 URL | ココのパパ #2dMr//w6 [ 編集]

                       
                    

お久しぶりの書き込みです
キキちゃん大変でしたね、ひとまずは大丈夫そうなんで安心しました

我が家は運よく?凜もカヤもおもちゃを飲み込むということはないのですがそれでも見ていないときに何をするか、絶対はありえないので我が家は遊んでやれないとき、留守番の時はケージに入れるのはぜったいです

病院に関してですが誤飲に限らず何かことがあった時には出先であろうが家であろうがとりあえずかかりつけ医に電話します
基本留守電になっているし入院患犬を見に休みでも病院には必ずおいでるし留守電もチェックされているので緊急時は留守電、大丈夫と思うけど判断付かない時はメールで症状や写真を添付して先生の指示待ちです
とてもお忙しい病院なので緊急でも連絡が遅れることもありますが、とりあえず内容を伝えて先生が忙しくてもすぐに対処しなければのときには看護師さんからでも連絡が入ります(診察時間帯の場合)
まれに学会とかいかれていたら留守電入れても連絡取れるかどうかは定かではありませんが今のところそのタイミングで連絡したことはありません
自分で確定だけはしないようにしています
先生もことの緊急性によって私が電話とメール連絡を使い分けているのは文面や過去の状態からご存知なのでメールの場合は返信がない場合もあります
いずれにしてもかかりつけ医とできるだけ話して親密になり緊急時の対応について相談しておくといいと思います
うちの行っているところも時間外に電話したら時間外アナウンスが流れるのですがその後に録音できると全員が知っているわけではないと思います
メールアドレスもたまたまお聞きする機会があったもので公言はされていません
いまどきの獣医さんは(うちの先生は今時ではないですが ^^;)聞かれたことは答えるし処置するけど聞かれないことをわざわざ聞いておいでることは少ないように聞いています
人間の病院も一緒ですよね
万一の事があった時に言ってもいないのに勝手に処置されたのが原因で亡くなったなどの訴訟も多いせいかもしれませんね
突き詰めれば処置のせいなのか、処置しても助からないくらい進んでいたことに飼い主さんが気づいていなかったのかそれは誰にも分からないように思います
いつもと少しでも違うところを発見するのは飼い主の役目なんですけどね(^へ^;)

後はおもちゃをはなさない時は私は下あごを掴んで(握る感じで)おもちゃと喉の間に親指を入れて舌を押します
ただし加減すると噛まれるかもしれないので要領は難しいかもしれないのですが、うちのこらはこれで口をあけます

あくまでもうちの場合ですので参考になるかどうかは分からないのですが
【2015/08/26 10:04】 URL | chababa #Mt7Q6VEg [ 編集]

                       
                    
chababaさん、参考になります
我が家の行き付けの病院は、開院時間以外はアナウンスが流れるだけで、
録音はできません、先生と連絡が取れません
車で1時間くらいの場所に年中無休の動物病院があるので、そちらに行けば
良かったと今は考えています
ココが10年間何もなくて、病院のお世話になる機会が少ない事が
今回の対応の不手際につながってしまいました。
近くにある病院よりは、いつでも連絡が取れて、見てもらえる病院の方が
こんな時には頼りになりますね
これからも色々な事件が起こりそうなキキには高い授業料となりました
【2015/08/26 12:37】 URL | ココのパパ #2dMr//w6 [ 編集]

                       
                    
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/01/19 17:22】 | # [ 編集]

                       

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。