flatcoco
  • Author:flatcoco
  • 2004年1月17日
    フラットコーデット・レドリバーの女の子の「ココ」
    ココは2016年9月2日に虹の橋を渡りました
    2013年7月24日
    レバーフラットの女の子「キキ」
    河口湖地方に在住
  • RSS
フラット・ココ&キキの日記
フラットコーデット・レトリバーの女の子 「ココ&キキ」の日記
 カウンター


記事カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

<


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリー


 フリーエリア


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラの低農薬栽培方法の模索その1
下の写真のドロシーパーキンスがピークを迎えて、我が家のバラの見頃の第一弾は終了しました

P1020079 (1)
P1020100 (1)



今年の春のバラの見頃が終わりまして、ドロシー・パーキンスのうどんこ病対策について考えさせられることが多く、栽培方法を180℃?120℃程変えることにしました。
人間が病気になるのは、体力が弱っている時にウィルスに負けて発病してしまう
バラも病気が発症するのはバラ自体の体力が足りないのでは、花の蕾をいっぱい付けて花を咲かせることに体力を取られて病気と戦うエネルギーがない時に発症するのでは考えました
バラ自体に戦う力が残っていない時に、次から次に農薬をかけて治療しようとしても治らないのではと考えます
そこで、今後は無農薬栽培までは無理でも、できるだけバラ自体に体力をつけて、病気と戦う力をつける方法を模索することにしました。
参考にしたのは無農薬栽培をされている方、できるだけ農薬に頼らないバラ栽培をされている方のブログです
本人の同意を受けていませんが、一部を紹介しちゃいます
バラを楽しむオトメンパパの栽培日記
無農薬でバラを育てて
農薬ギライのためのバラ作りのページ

他にも「BISES・ビズ」に載っている真島先生の書込を参考にすることにしました。

なるべく農薬を使わないバラの栽培法について、2,3回に分けて書いていきたいと思います
ただし、私が実際に体験した方法ではなく、これから実行しようと思っている方法を書きますので、あまり期待しないで下さい。








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。