flatcoco
  • Author:flatcoco
  • 2004年1月17日
    フラットコーデット・レドリバーの女の子の「ココ」
    ココは2016年9月2日に虹の橋を渡りました
    2013年7月24日
    レバーフラットの女の子「キキ」
    河口湖地方に在住
  • RSS
フラット・ココ&キキの日記
フラットコーデット・レトリバーの女の子 「ココ&キキ」の日記
 カウンター


記事カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

<


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリー


 フリーエリア


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイレゾ音源よりCD音源の高音質化が先!
ワンコの話題ではなく、今、オーディオマニアの間で話題のハイレゾはどうなのと言う話題を・・・
俗にハイレゾ音源とは、CDより良い音で録音されている物?、高音質で聞ける音楽再生のための音源です。
ハイレゾ音源はCDプレーヤーでは再生できません?、と言うよりCDの様なディスクではないのです
ハイレゾ音源は、インターネットで音楽データをダウンロードする方法が一般的です。
再生するにはハイレゾ音源対応のネットワークプレーヤーが必要となります。
安価でお薦めはパイオニアのN-30
K0000293981.jpg

HP→N-30

結論を先に書きますと、我が家はハイレゾにはまだまだ行かないと思います。
ハイレゾに移行する前に、我が家の音楽再生環境をまだまだ進歩させる必要があります。
我が家には既にCDプレーヤーなるものがありません、代わりにMACパソコンとAppleTVで音楽を聴いています
CDは「iTunes」でパソコンに取り込んで、AirPlayでAppleTV+デジタルアンプで再生するようにしています

K0000349435.jpg

HP→AppleTV
ただ、今まではCDを取り込む際に音楽データを圧縮して取り込む「MP3」の192K〜320K、又は
「AAC」の192K〜320Kに設定していた為に、音質がCDより劣るものでした。
そこで、今まで取り込んだCDの音楽データを全てAppleロスレスで取り込み直すことにしました。
我が家はパソコンがMACなので「Appleロスレス」が最適なのですが、Windowsの方は「FLAC」が良いかもしれません
どちらの方式も一般的にはCDをそのまま再生する場合と音質的に損傷がないと言われています
欠点は取り込む音楽データがMP3やAACに比べて格段に大きくなるということです

CD1枚あたり、AACの192Kで取り込んだ場合は80M〜100M、Appleロスレスでは200M〜300Mとなります
つまり、CDを1000枚取り込むなら、ハードディスクの容量が最大で300Gなければいけない計算となります
我が家ではCDをAppleロスレスで、88枚取り込んだ所で13.5GBとなり、意外と少ない感じです
今は外付けのハードディスクも安くなり、2TB(2000GB)でも1万円前後で販売されていますから問題はないと思います。
ネットワークプレーヤー、AppleTV等の機械に関しては、興味の有る方はインターネットで検索してみてください
私の方でも出来るだけ質問にはお答えできるように、勉強するようにします。

ハイレゾ音源より、55インチ以上の大画面TVに興味がある私です
野鳥がよく来るので、高倍率のデジカメを購入することにしました
パナソニックのネオ一眼と呼ばれている「DMC-FZ200」
レンズは交換できませんが、電子ファインダー付き、600gで光学24倍、全域でF2.8の明るいレンズが特徴です
近い内に紹介できると思います
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。