flatcoco
  • Author:flatcoco
  • 2004年1月17日
    フラットコーデット・レドリバーの女の子の「ココ」
    ココは2016年9月2日に虹の橋を渡りました
    2013年7月24日
    レバーフラットの女の子「キキ」
    河口湖地方に在住
  • RSS
フラット・ココ&キキの日記
フラットコーデット・レトリバーの女の子 「ココ&キキ」の日記
 カウンター


記事カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

<


 最近の記事


 最近のコメント


 最近のトラックバック


 月別アーカイブ


 カテゴリー


 フリーエリア


 ブログ内検索


 RSSフィード


 リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングにコルクマットを敷き詰めました
以前はホームセンターで買ってきた50cm四方の絨毯仕様の物を敷き詰めていたのですが、ココとキキの抜毛がひどくて、毎日、掃除機で取るのも大変、何か変わるものを探していました。
キキが走り回るとマットがズレてしまうのも嫌で、今回は大型犬が走っても滑らない、ズレないの2点で探しました。
候補は2品、
1,滑らないリノリュームを部屋に合わせて敷き詰める
2,連結タイプのコルクマットを敷き詰める

インターネットでいろいろ検索した所、汚れた部分のみ交換が可能、値段が意外と安いと言う事で、コルクマットに決定しました!
コルクマットは中国製と台湾製に30cmと45cmの2種類がインターネットでは販売されています。
中国製は色にばらつきがあったり、繋ぎ目が目立ったりしますが、値段が安い
台湾製はコルクの色が明るくて高級感が有り、繋ぎ目も目立たないとの事ですが、値段が高い
我が家はキキが走り回ってすぐに爪でキズキズにすることになりそうなので、中国製に決定
30cmか45cmか悩みましたが、値段があまり変わらないのと、少しでも繋ぎ目が少なくなり、目立たないのではと45cmタイプを選びました。
購入先は値段が安い事、サイドパーツがサービスで付いてくる事、台湾製と中国製のどちらも扱っているのでなんとなく安心、購入者の評判が良い「アジア工房」に決めました。→アジア工房
購入したのは45cmの大判サイズが96枚+サイドパーツ付きのエコルク(中国製)
送られてきたコルクマットは96枚に不良品もなく、色が他のマットに比べて少し目立つコルクマットが5枚ほどでした。
これも半年もしたら、窓よりのコルクは太陽にあたり色あせてくるだろうし、いつの間にか気にならなくと思います。



DSC01035B.jpg
今まで引いていた絨毯やマットを片付けて、掃除機を掛けて、拭き掃除をして準備万端!
キキはハウスに大人しく入ってくれました。




予め部屋の寸法を正確に測って、必要な枚数と角の取り方を決めておくと楽です。
リビングの入口側から決めていきます。



DSC01037B.jpg
次にメインとなる2列のコルクマットを反対側のベランダ側の端までつなげて端の処理の仕様を決めます。
真四角の部屋でない限り、何枚かのコルクマットを切らなくてはいけないので、その処理を確認します。
端の処理をサイドパーツで間に合うのか、切らなくてはいけないのか確認して進めていきます。



DSC01039B.jpg
コルクマットと格闘すること4時間余り、完成です。 ベランダ側から撮影
使用したコルクマットは96枚中94枚、サイドパーツはコーナータイプの2枚のみ残りました。
13枚のコルクマットを切って加工しました。
送られてきたコルクマットは細かいカスが付いていたりで、1枚ずつゴミを取ったり、拭いたりと前処理にも時間が掛かります。



DSC01040B.jpg
リビングの入口側から撮影
部屋の壁にピッタリと押し付けることにより、コルクマットがズレないようにします。



DSC01041B.jpg
ソファーの前


DSC01042B.jpg
ソファーの横からベランダ側を撮影


DSC01043B.jpg
コルクマットの継ぎ目は写真では意外と目立ちますが、実際は気になるほどではありません。



DSC01033B.jpg
施工中は意外と大人しくしていてくれた二人でした。
もちろんこの後、ご褒美にボール遊びで走りましたが、滑ること無く、遊ぶことが出来ました。
ただ、激しく走りますと表面のコルクに爪が食い込んだ傷が残ります。
太陽に当たると表面のコルクの色も色あせることが予想されます。
安い中国製を購入することで、ダメになったら気軽に交換することをお勧めします。








スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。